ボランティア活動
2014年2月15日、札幌社会福祉協議会が主催する「高齢者世帯などの除雪ボランティア活動」に当協力会から会員26名が参加、札幌市内の独り暮らしの高齢者住宅を訪問し、事前にうかがっていた希望をもとに除雪作業を行いました。
寄付金報告
2013年12月11日、当協会会長及び副会長が公益社団法人 札幌市身体障害者福祉協会を訪問し、同協会会長、浅野博文様に寄付金をお渡しして参りました。
同日、社会福祉法人 札幌市社会福祉協議会にて、同協会常務理事 宮川学様に寄付金をお渡しして参りました。
なお、両協会様からは感謝状をいただいております。
同日、札幌市が運営する、さぽーとほっと基金への寄付を実施いたしました。札幌市市民まちづくり局市民活動推進担当係長 望月純輝氏が当協力会事務所に来ていただき、寄付金をお渡しいたしました。
これに伴い、上田札幌市長から感謝状が授与されております。
2014年1月15日、当協力会事務所にて、国際曲劇団 理事長 高梨幸輔様へ今後の活動に向けて寄付金をお渡しいたしました。
暴力追放総決起集会パレード参加
2013年10月10日14時から暴力追放総決起集会及び街頭啓発パレードが開催されました。当協会からも20名ほどが参加してまいりました。
今年で27年目となるこの運動は、暴力追放意識の高揚を図るため、また、暴力団の追放とその関係店の排除を目的とするもので、各地区の暴力追放運動推進協議会など、約1500名が参加いたしました。
中島公園自由広場での総決起集会後、札幌駅前通りを大通西4丁目までをパレード。
今回の参加により、参加会員一同、暴力追放への思いをより一層強めております。
チャリティコンペ参加
2013年10月7日に北海道の肢体不自由児者への応援チャリティコンペが、ブルックスカントリークラブにて開催され、当協会からも会員および関係者36名が参加させていただきました。
このチャリティコンペは(財)北海道肢体不自由児福祉連合会(清水誠一会長)に寄贈されるもので、プレー代のの一部をチャリティとして寄付されています。
また、チャリティホールも設けられ、ワンオンできなかった参加者はチャリティに協力してきました。
←前へ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  次へ→