トップページへ 活動内容へ ススキノの歴史 ススキノで遊ぶ上での注意 一般スタッフ求人 すすきのファッションヘルスの案内 関連リンク
画像
画像
すすきのの街・歴史。
日本三大歓楽街、ネオン煌めく眠らない街、ススキノ
北の歓楽街「ススキノ」は東京の歌舞伎町、福岡の中洲にならぶ日本三 大歓楽街といわれる、国内的に有名な北日本最大の繁華街です。

すすきの という地名があるのではなく、南4条~南6条、西2丁目~6丁目を範囲とす るのが一般的です。

ススキノという名前がつけられたのは明治時代の札幌開拓のころ。札幌 市街地区の南4条~5条、西3~4丁目の4区画を遊郭に指定、「薄野遊郭」と 呼んだのが始まりです。
指定されたのは1871年で、翌年「東京楼」開業。

北海道開拓使によって整備された日本初の官設遊郭でした。 当時の札幌開拓の時代はつらい生活から逃亡が多く、男ばかりで治安も 悪かったといいます。

そこで、開拓大判官・岩村通俊(いわむらみちとし) が薄井龍之に任じて娯楽の地を建設させたといわれています。この人の名 前を取ってススキノという地になったとか、ススキが生えていたなど、由 来は諸説あります。

芸者は東京から呼び寄せました。この建設により治安が良くなり、札幌 は発展していくことになります。
当時の芸者たちの名残としては、現在の 「すすきの祭り」の花魁道中という行事や豊川稲荷があります。

また、中 島公園付近に呉服店が多いのも当時の名残。 この薄野遊郭には官僚たちも訪れました。
たとえば黒田清隆は1890年ご ろにススキノで当時18歳前後の芸者・黒清(本名:小林キヨ=明治5年生まれ) に出会いました。黒田清隆は黒清を来道するたびにひいきにし、黒清は彼 に惚れていた、なんていうエピソードも残っています。

こうしてススキノはスタートしましたが、建設当時は札幌市街地の端の ほうにあったススキノも、次第に南にも町並みが形成されるようになり、 付近に豊水小学校など学校があるなど風紀上の問題もあり、移転話が持ち 上がるようになりました。

1920年の移転先には白石(菊水)遊郭が選ばれま した。ススキノは遊郭ではなくなりましたが、相変わらず街の中心部に位置し ており、映画館や飲食店やバーなどができるようになりました。

そして、 戦後には再び違法売春斡旋が行われる地域となり、現在も深夜まで続く歓 楽街になっています。国内でも珍しい比較的治安の良い、夜の街です。
開拓史が意図的に設けた「遊廊」がはじまり。
1871年、北海道開拓使が現在の南4・5条、西3・4丁目の区画を遊廓地帯に指定した事が歓楽街の始まりである。開拓使はこの区画を「薄野遊郭」と命名し、周辺に点在していた旅籠(実質的な売春宿)を当地へ移転させた。開拓使による売春街建設の理由として、開拓に従事する労働者を札幌に繋ぎ止める必要があったことなどが考えられる。

翌年には開拓使によって薄野遊廓の周囲900 mに高さ1.2 mの土壁が造られ、西3丁目と西4丁目の間には大門が設置された。同年秋には新政府から芸娼妓解放令が発令されたが、遊女屋が貸座敷などに呼び名が変更されたくらいで、実質的には大きな影響は無かった。その後、公娼制度の確立とともに、薄野遊廓の周辺は歓楽街として順調に発展した。

1901年には札幌区会によって薄野遊廓の鴨々川上流地区への移転が決議された。薄野遊廓の周辺に小学校や女子職業学校があったことがこの理由であった。しかし業者などの協力が得られなかったことから、移転はほとんど実行されなかった。

1918年には薄野遊廓からほど近い中島公園で開道50周年記念北海道博覧会が開催されることもあり、薄野遊廓移転の話が再度持ち上がった。移転先は現在の白石区菊水地区とされた。移転は北海道博覧会の開催には間に合わなかったが、2年後の1920年夏に実現した。

すすきのから売春宿は無くなったが、代わりに料亭、カフェー、映画館などが誕生し活気付いた。戦時中は活気も失われるが、戦後まもなくキャバレーやダンスホールなどが誕生し、駐留アメリカ兵も多く出歩き賑わった。すすきのは売春が公認された赤線ではなかったが、実態として多くの飲食店が違法に売春の斡旋を行っている青線であった。

1958年には売春防止法が制定されたが、すすきのから売春は無くならなかった。すすきの周辺の路上にはツブ焼き屋台などの露店が立ち並んでおり、これらが売春斡旋の温床となっていたが、1964年の行政による強制撤去により露店は姿を消した。

1950年代から1960年代は火事がしばしば発生した。1958年から1965年のすすきの地区での火事の発生件数は49件、死者数13人、負傷者数37人、焼失面積15,808 m?であった。

1960年代後半には札幌オリンピックの開催が決定したため、札幌は好景気に沸いた。1970年前後はすすきのの中央を貫く札幌駅前通が拡幅され、地下鉄南北線や地下街ポールタウンが整備された。1974年にはすすきの地区初の百貨店、松坂屋札幌店(現ロビンソン百貨店札幌店)、が開店、すすきの地区も商業地区へ変貌を遂げた。

その後もすすきのには多くのビルが建設され、そこに多くのクラブやバー、キャバレーなどが入居した。代表的だったのは、1971年開店したキャバレー「札幌クラブハイツ」(2008年2月現在営業中)と翌年開店の「エンペラー」(2006年9月閉店)、1974年開店した東京資本のマンモスキャバレー「ミカド」(1982年春撤退・跡地はキリンビール園)などである。2008年2月現在、国内で300坪超のキャバレーは前述の「札幌クラブハイツ」と新宿歌舞伎町の「歌舞伎町クラブハイツ」(経営会社は同一)以外には残っていないと思われる。1970年代後半からはディスコブームに乗って多くのディスコが誕生した。これに伴いナイトクラブは衰退した。
1980年代にはビジネスホテルが次々と建設された。1986年には天然温泉が掘削された。これは「すすきの温泉」と呼ばれ、周辺のホテルで利用されている。
現在は、飲食店、風俗店、ホテル、娯楽施設などが混在する歓楽街として全国的に知られている。

1871年 - 北海道開拓使により薄野遊廓が建設される
1880年 - 札幌警察署薄野交番所(薄野交番)設置
1918年 - 札幌市電薄野駅開業
1920年 - 薄野遊廓が白石区菊水に移転する
1971年 - 地下鉄南北線すすきの駅開業
1974年 - マンモスキャバレー「ミカド」開店。松坂屋札幌店開店(1979年ヨークマツザカヤ・1994年ロビンソン百貨店札幌店に店名変更)
1983年 - 第1回すすきの雪まつり(現在のすすきの氷の祭典)開催
1988年 - 地下鉄東豊線豊水すすきの駅開業

画像
会報の一般配布
画像
ススキノ祭り(8月上旬)
画像
ススキノ最大の夏祭り、“すすきの祭り”。毎年8月第1週の木、金、土曜の三日間、歩行者天国となるネオン街には100軒以上の屋台が並び、花魁道中、御神輿渡御、YOSAKOIソーラン踊りなど様々な催しが行われます。
画像
すすきの氷の祭典(2月上旬)
画像
毎年2月上旬、「さっぽろ雪まつり」と同期間に開催。毎年指向を凝った100基ほどの氷像を展示、ほかにも様々なアトラクションやイベントでススキノ一帯を華やかに演出。
画像
画像
当協会加盟店またはススキノでのトラブル報告・苦情などはこちらからお知らせ下さい。ご対応させて頂きます。
画像
画像
画像